抜け毛と遺伝の関係について

遺伝的な理由で抜け毛や薄毛が起こっていると思っている人の多くは、自分では抜け毛対策をしてもどうしようもないと決めつけているのではないでしょうか。あきらめている人の多くは、抜け毛の対策をしても、父親の髪が薄い、母方の身内の男性はみな禿げていると言っています。遺伝によって抜け毛がおこると言われていますが、それは真実なのでしょうか。実際のところ、強い遺伝で抜け毛が多いという人は全体の4%以下だと言われています。

 

抜け毛が家族全員に起きているというときには、食事の内容や生活習慣が家族なので一緒になりやすいことが原因です。家族全員が同じように栄養のバランスの取れていない食事をしていたり、洗髪の回数ややり方が同じであったりするので、みんな抜け毛に悩むことになっているのです。本当は食事や生活習慣を良くすることで抜け毛対策ができるのにも関わらず、遺伝が原因のよう見えているだけなのです。抜け毛が遺伝が要因で起こるかどうかというのは、まだ研究していることだそうです。

 

要因が遺伝であるといわれている抜け毛の一つが男性型脱毛症です。男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが多いことが原因であると言われています。5αリアクターゼというジヒドロテストステロンを増加する働きを弱めることのできる育毛剤が話題となっています。しっかりと正しい抜け毛対策をすることによって、原因が遺伝の抜け毛だとしても十分に改善することは可能であるといえるでしょう。