抜け毛の対策には食生活の改善を

抜け毛対策と言ってすぐ出てくるのはやはり正しい洗髪方法や育毛剤など外側からアプローチする対策ではないでしょうか。髪の毛も体のひとつのパーツなので、体内の環境によって左右されます。食べ物の中でも髪に良いといわれているものはたいてい体にも良い影響を与えるものです。健康に良い、まんべんなく栄養を摂取できる食事を摂ることで、抜け毛の対策にもなるといいます。

 

髪は生命維持という視点からの重要性が低いため、食事から摂取した栄養が毛根にまで回るのはあとまわしになりがちです。食事の量をダイエットなどで減らすと、抜け毛がひどくなることがあるのはそのためです。栄養が髪の毛までしっかりと届くように、大切なのは健康に良いといわれている栄養素をたくさん摂ることです。髪の中心となる成分はたんぱく質で、アミノ酸の一種であるメチオニンは髪の元となるものです。大豆や乳製品、肉や魚から摂取したいのが良質のたんぱく質です。

 

食生活においてたんぱく質が足りないと、髪が細くなって抜け毛が起こりやすくなるといいます。たんぱく質の吸収を高めるビタミンは、抜け毛対策になくてはならない存在です。緑黄色野菜やレバー、牛乳などに豊富に含まれます。体内の血流をたしなむ程度のお酒であれば促すことができますが、肝臓に負担がかかり髪の毛を作るためのアミノ酸をアルコール分解に全部使ってしまうので飲み過ぎは良くありません。お酒を飲み過ぎはやめることも、大切な抜け毛対策の一つです。